【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

日本全国の印象に残ったおすすめラーメン11選

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

日本全国の印象に残ったおすすめラーメン

それなりに日本全国を旅して、名物のラーメンがある場所なら必ずといっていいほど食べてきた私。

ガチで毎日ラーメンを食べているマニアからすれば全然ですが、それでもそこそこ数多くのラーメンを食してきました。


そんな中でも、特に印象に残ったラーメンがいくつかあります。

この記事では、私が食べた中で印象に残った日本全国各地のラーメンを紹介します!

【北海道】彩未

日本の誇るグルメ王国・北海道では、ラーメンも非常に有名。

私も北海道に行くたびにラーメンを食べてきましたが、いちばん印象に残っているのは「彩未(さいみ)」。

彩未の行列

札幌中心街から少し離れているにもかかわらず毎日のように長蛇の列ができる、超のつく人気店です。


豚骨ベースに3種類の白味噌をブレンドした味噌ダレがあわさった、香ばしくコクのあるスープ。

札幌の老舗・森住製麺の卵麺にスープがよくからむ。

彩未のラーメン

しょうがを溶かすとさっぱりした味に変わるので、最初から混ぜずに後半になってから徐々に溶かしつつ食べるのがおすすめ。


「彩未」の詳しいレポートはこちら
札幌の超人気店「彩未」は、行列も納得の味!個人的にナンバーワン味噌ラーメン

【山形】龍上海

ラーメンといえば福岡や北海道あたりが思い浮かぶ人が多いと思いますが、実は全国の1人あたりラーメン消費量No.1は山形県

その山形を代表するラーメン店のひとつが、龍上海(りゅうしゃんはい)です。

「赤湯ラーメン龍上海」に寄ったのは、まだまだ雪深い2月


名物のからみそラーメンは濃厚で旨味が強く、それでいて塩気が強すぎないまろやかな味。

雪国らしく厚いラードの層がありアツアツで、ツルツルで滑らかなちぢれ麺もおいしい。

真ん中に特製の辛味噌が乗った赤湯ラーメン


奥深いダシの風味を感じる、こちらもアツアツの赤湯ラーメン(醤油ラーメン)。

妻も「人生でベストの醤油ラーメンかも」とつぶやくほどのおいしさ。

麺は、おそらくからみそラーメンと同じ滑らかな平打ちちぢれ麺

ラーメン県・山形の底力を感じる、心も体もあたたまるラーメンでした。


ラーメン王国・山形「赤湯らーめん龍上海」のくわしいレポートはこちら
ラーメン王国・山形の「赤湯らーめん龍上海(東根店)」で、まろやかな辛味噌&出汁の奥行きある醤油ラーメンを [middleLongreads]

【新潟】ラーメン東横

全国的にはお米のイメージが強い新潟県ですが、実は「新潟5大ラーメン」なるものがあるほどラーメン文化も発達しているところ。

この5大ラーメンのうちのひとつ「新潟濃厚味噌」のラーメンを提供する店がラーメン東横です。

新潟駅から大通り(弁天線)を南に進み、少し入ったところにあるラーメン東横 笹口店

新潟駅からなんとか歩ける距離にあるので、他の店に比べると比較的アクセスしやすいのもうれしい。


”濃厚味噌”を名乗るだけある濃さで、最初から割りスープがついてくるのも特徴。

ラーメン東横のみそラーメン

動物系スープと新潟の米味噌「越後みそ」がブレンドされた、独特な味と風味。

通常なら塩辛く感じるはずの濃度なのですが、味噌でまろやかになっているせいかイヤなしょっぱさが全くなくおいしい。

強いスープに負けない極太ストレート麺もうまくマッチしています。


私の住む福岡からはややアクセスしづらい新潟ですが、この「ラーメン東横」といい他の飲食店や旅館、観光地といい本当にいいところでした。また絶対に行きたい。


「ラーメン東横 笹口店」のくわしいレポートはこちら
「ラーメン東横 笹口店」新潟濃厚味噌ラーメンの人気店、濃いのにまろやかな越後味噌の旨味がたまらない

【福島】まるや

写真は残っていないんですが、かなり昔(17年前くらい)に訪れた店で覚えているのが、福島・喜多方の「まるや」というお店。

古民家のような古風な店構えが印象に残っています。


当時の私は「醤油ラーメンなんてどこも大体一緒だろ」という偏見を持っていたんですが、この「まるや」のラーメンを食べてそれが完全に覆されました。

鶏ガラや昆布、煮干しの旨味が一体となった、さっぱりとしながらも味わい深いスープ。私の地元・九州はもちろん東京でもなかなか出会わない、ツルツルとしたちぢれ麺。


コロナ禍以来2023年現在も休業中のようですが、復活したときにはぜひ再訪したいお店です。


【東京】一燈

数多くの人気ラーメン店が軒を連ねる東京ですが、人口が多い分行列の長さも半端ないのがネック。

1時間、2時間当たり前に並ぶような店もザラにあるので、行列が苦手な私はつい行くのを躊躇してしまいます。(でも行くときは行く)


そんな長時間並んだ店の中でも「これは並んだ甲斐があったな!」と一番思えたお店が、東京・新小岩の人気店「一燈(いっとう)」。

私が訪れた当時もすでに超人気店で、11時すぎの到着でも約1時間ほど待ちました。今思うとこれでもマシな方だったのかも。

東京・新小岩の人気店、一燈

これだけ待たされると否が応でもハードルが高くなってしまいますが、そのハードルを軽々と超えてきたのが一燈の特製濃厚魚介ラーメン。

東京食べログラーメン1位の店、新小岩「一燈」

魚介と動物のダシがちょうどいいバランスで配合された極旨スープ、そのスープがほどよくからむ中細麺、なめらかな2種のチャーシュー。

どれをとっても丁寧につくられているのがよくわかるし、これ以上ないといっていいほどの完成度。


苦手な行列に並んででもまた食べたい、そう思える逸品でした。

東京食べログラーメン1位の店、新小岩「一燈」行列も納得の旨いスープに麺、チャーシューなどこだわりの具も文句なし。

【横浜】杉田家

こちらも訪れたのはかなり昔で写真はなく「おいしかった」ことしか覚えていないんですが、私が首都圏在住中に食べた家系ラーメンの中でいちばんおいしかったのが杉田家

家系総本山・吉村家の直系1号店にして、家系の中でも屈指の人気・実力を誇る店です。


たしか新杉田駅近くがTOEICテストの会場になっていて、受けた帰りに食べに行った記憶。

それまで食べた家系ラーメンは醤油ダレが強く主張していて、豚骨含むスープの旨みが弱いなと感じていたんですが、杉田家のラーメンはそのバランスが絶妙。

豚骨スープのコクもしっかり出ていて、醤油ダレとの相性も最高。

麺やチャーシューなど具との相性もばっちりで、強く印象に残りました。


あの(少なくとも私の中で)最高峰の家系ラーメン、また食べたいなあ。


【鳥取】いのよし

知る人ぞ知る鳥取県中部のご当地グルメ、牛骨ラーメン

この牛骨ラーメンの人気店のひとつ、倉吉市にある「いのよし」で食べたラーメンがめちゃくちゃおいしかった……!

牛骨ラーメンの人気店「いのよし」


国道沿いにある広々とした店でいただける、牛骨スープベースのラーメン。

よく焼肉屋にある牛テールスープの味をより凝縮して、しょうゆ等々で味を整えた感じをイメージすると少しは想像しやすいかも。

牛骨ラーメン「いのよし」鳥取県中部で50年愛されるご当地グルメ

牛骨ダシならではの独特の旨味、甘みが口いっぱいにひろがる絶品スープでした。うまかった。

脂の層ができていて、しっかりアツアツでいただけるみそラーメン

しょうゆラーメンとみそラーメンをいただきましたが、個人的にはしょうゆの方がより牛骨スープのおいしさをダイレクトに感じやすい気がして好みでした。


扱いが難しいこともありほとんど鳥取中部地域にしかないラーメンだそうなんですが、素材自体は他の地域でも仕入れ可能なはずだし、牛骨ラーメンぜひ全国に広がってほしい。

牛骨ラーメン「いのよし」鳥取県中部で50年愛されるご当地グルメ、半端なくウマい。全国にもっと知られるべき絶品

【福岡】博多長浜ラーメン 風び

ラーメンが名物のひとつであり、私が住んでいる場所でもある福岡。

おいしい店がたくさんあるので絞るのが難しいんですが、ここで紹介する店のひとつが「博多長浜ラーメン 風び(風靡)」。

博多駅や天神からだとバスや車で少し行ったところになりますが、わざわざ行ってでも食べる価値があると思えた店です。


見るからに長く地元で愛されていることがわかる店構えに、店内は広々。

老若男女、小さい子供連れのファミリーもおいしそうにラーメンを食べてました。

風靡の店構え


キリッとした醤油ダレに、豚骨と豚皮を煮込んだスープの旨味がたまらないハイレベルでバランスのとれたスープ。

小麦の中心部だけを使ったという自家製麺は香り高く、私がオーダーしたカタ麺だと適度にポキポキ感が残っていて抜群の調整。

風びのラーメン

もう一つの名物であるチャーハンは、特製タレと従業員全員が仕込まれるという鍋振りによってパラッとおいしく仕上がってます。シンプルですがしっかりとした味でめちゃうまい。

風びのもうひとつの名物、やきめし

近所にほしいラーメン屋の筆頭格。おすすめです。

「博多長浜ラーメン 風び 原本店」のくわしいレポートはこちら
「博多長浜ラーメン 風び 原本店」濃厚醤油豚骨ラーメンと激ウマやきめしが名物の、地元で愛される名店

【福岡】モヒカンらーめん

豚骨ラーメン発祥の地、福岡県久留米市。

多くのラーメン店が軒を連ねる中で、とくに私の印象に残っているのが「モヒカンらーめん味壱家」の本店です。

モヒカンらーめん本店の店構え

その名の通り、店主や多くの店員さんがモヒカン刈りというユニークなお店。

並んでいる客への対応もとてもよかった。


モヒカンラーメンのスープは、脂っこさを押さえて豚骨の美味さを引き出したもの。はじめて食べたときはつい「うまっ!」と反射的に口に出してしまいました。

唐辛子ダレも入っているものの、一蘭系のものより自己主張は控えめでちょうどよい味変になる。

モヒカンらーめんのラーメン

「とんこつ焼き飯」「焼き替え玉」といった他の店ではなかなか見ないメニューもおすすめ。

こちらは焼き替え玉。
ただラーメンをもう1杯分食べられるだけでなく、香ばしさや歯ごたえが感じられて2度おいしい。

IMG 3829

モヒカンらーめんは最近になって支店も出しているんですが、やはり本店で感じたほどの味や感動はなかったんですよね。。。

思い出補正もあるのかもしれませんが、やっぱり食べるなら本店で食べたい。


こちらのモヒカンらーめん本店、2023年7月31日の火災で全焼し閉店となってしまったとのこと。。。

支店は元気に営業しているようですし、場所は変わるかもしれませんがどこかでまた本店も復活するはず。

そのときにまた食べに行きたいと思ってます。

「モヒカンらーめん」のくわしいレポート記事はこちら
福岡・久留米「モヒカンらーめん」味、ていねいな接客、独創的メニュー、どれも最高!

【佐賀】いちげん

全国的な知名度は高くないかもしれませんが、実は温泉・グルメ・自然と多彩なコンテンツを持っている魅力ある県・佐賀県。

佐賀のおすすめグルメ・温泉宿・観光スポットの私的まとめ

その佐賀を代表するラーメン店が「いちげん」です。

いちげん外観

佐賀駅に用事があったときにバスで来たんですが、佐賀市の中心部からは少し離れているので可能なら車で来るのがおすすめ。

元気がいいだけでなく、温かみを感じる接客と店の雰囲気。ラーメンが来る前から印象がとてもよい。


お店おすすめのトッピング・生卵を入れた、スープたっぷりのラーメン。

いちげんの玉子入り豚骨ラーメン

豚骨ラーメンというとこってりだったり、ガツンとくる味のものがもてはやされがちですが、「いちげん」のスープはじんわりくるタイプ。

一口目のパンチはそれほど強くないものの、飲めば飲むほど旨みが広がって後半になっても息切れしない。

店を出てから「いい店とラーメンだったなぁ」と思わず笑顔になってしまうような、私の中で唯一無二なお店のひとつです。


佐賀トップクラスの豚骨ラーメン「いちげん」は、味も接客も抜群。わざわざ行く価値のある店だ
佐賀トップクラスの豚骨ラーメン「いちげん」は、味も接客も抜群。わざわざ行く価値のある店だ

【熊本】火の国 文龍

熊本ラーメンといえば、ベースは豚骨ながら博多よりも少し太めの麺、黒いマー油、フライドガーリック(ガーリックチップ)あたりが特徴的。

ですが私が熊本で一番衝撃的だったラーメンは、そういったいわゆる熊本ラーメンとはまた違う個性派の「火の国 文龍」という店のもの。


私が訪れた菊陽バイパス店は、熊本市内からはすこし外れた菊池郡というところにある店です。
ちなみに総本店は熊本市東区にあるらしい。

龍のオブジェに「熊本で最強のこってりラーメン」「俺はこのラーメンしか作れない」という無骨なキャッチフレーズが印象的。

火の国文龍の店構え

名物は超こってりのとんこつラーメン。

背脂チャッチャどころじゃない脂がこれでもかと振られていて、写真映えしないことこの上ない。

「火の国文龍」の名物は超こってりのとんこつラーメン

スープを一口すすると、これまでに体験したことがないような濃厚すぎる旨味が脳天を直撃し、全身を駆け巡ります。

これまでにも濃厚と言われるラーメンを食べてきたけど、ここまでのストロングなヤツははじめてだ。。。


いわゆる熊本ラーメンでもなければ、他の◯◯ラーメンでもない。

『文龍のラーメン』としか表現のしようがない、超個性派のラーメンです。こってり好きならきっと気に入るはず。

熊本の超こってりラーメン「火の国文龍」強烈な旨みがガツンと来るパワフルな一杯

日本全国の印象に残ったおすすめラーメン まとめ

私が思いつくかぎり、日本全国で食べた特におすすめのラーメンを紹介してみました。

当然ながらまだ訪問できていないお店のほうがはるかに多いので、引き続き行く先々でおいしいラーメン店をさがして歩きたいと思います!

【2024年】国内旅行に安く行くために調べるべきオススメ予約サイトまとめ 福岡・博多の絶品グルメおすすめ店まとめ。福岡市民の私がガチで選びました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA