【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

iPhone 15 Proブルーチタン、チタニウム製で軽量化&落ち着いた質感が良い。編み込み式のUSB-Cケーブル付属

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

Appleの注文システムトラブルに巻き込まれ、かなり遅れての配送となってしまったiPhone 15 Pro

iPhone 15 Proの注文が、処理中から保留に。Appleに電話で問い合わせて解決したけど、何ソレ?

私のところにも、発売から2週間後の10月6日(金)にやっと到着しました。

iPhone 15 Pro


iPhoneシリーズではじめてチタニウム(チタン)を採用した、iPhone 15 Pro/Pro Max

まずはそのデザインや質感、重さや持ち心地はどのように変わったのかチェックしてみました!

USB-Cケーブルが付属するiPhone 15 Pro

iPhone 15 Proのパッケージ。ざらついた感じの壁紙がプリントされています。

iPhone 15 Proのパッケージ

私が注文したのがブルーチタンだからか、iPhoneの文字も光を当てると青く光る。

私が注文したのがブルーチタンだからか、iPhoneの文字も光を当てると青く光る

さっそく開封。
iPhone 15 Proはカメラのある背面が上になるようにセットされています。

iPhone 15 Proはカメラのある背面が上になるようにセットされている

私の選んだカラーはブルーチタン
ブルーと言ってもかなり落ち着いた色合いで、どちらかと言えばネイビーに近い印象。暗い場所だとブラックと間違えそうなほど。

ブルーチタンと言ってもかなり落ち着いた色合いで、どちらかと言えばネイビーに近い印象

iPhoneの下には、充電ケーブル等の付属品。

iPhoneの下には、充電ケーブル等の付属品

iPhoneがLightning→USB-Cポートになったことに伴い、付属するケーブルもUSB-C to USB-Cケーブルとなっています。
これまでと違い編み込みタイプになっており、丈夫そう。

付属するケーブルもUSB-C to USB-Cケーブルとなっている


iPhone 15 Pro ブルーチタンは落ち着いたメタリックな質感

あらためて、iPhone 15 Pro ブルーチタン本体を見てみましょう。

光を当てればやっとブルーかなとわかる程度の、シックな青。Proらしい落ち着きのある色です。

光を当てればやっとブルーかなとわかる程度の、シックな青

Proシリーズではおなじみとなった、広角・超広角・望遠の三眼カメラ。年々性能が上がっているとはいえ、15 Proでも健在。

広角・超広角・望遠の三眼カメラ

これまでProシリーズの側面は強い光沢があり指紋がつきやすい仕上げでしたが、チタニウム製となった今回のiPhone 15 Proでは反射の少ない加工へと一新されました。

iPhone 15 Proではメタリックで反射の少ない側面

メタリックでかっこいい。個人的にこの質感はかなり好き。

メタリックでかっこいい。個人的にこの質感はかなり好き

パッと見だとわかりにくいですが、充電・同期ポートはUSB-Cに変更。これも大きな変化のひとつ。

充電・同期ポートはUSB-Cに変更


iPhone 15 Proと13 Proを写真で比較

今回、私はiPhone 13 ProからiPhone 15 Proへの乗り換え

せっかくなので、この両機種がどのように変わったのか写真で比較してみることにします。


左がiPhone 13 Pro シエラブルー、右がiPhone 15 Pro ブルーチタン。

質感が若干異なりますが、おおまかなデザインやカメラの配置は同じ。

左がiPhone 13 Pro シエラブルー、右がiPhone 15 Pro ブルーチタン

三眼カメラ。
性能が上がった関係か、15 Proの方がやや直径が大きめ。

性能が上がった関係か、15 Proの方がややカメラ直径が大きめになっている

見るからに大きく異なる左側面(上が15 Pro、下が13 Pro)。

メタリックで落ち着いた15 Proに対し、顔が写るほどの光沢があり光を思いっきり反射する13 Pro。

メタリックで落ち着いた15 Proに対し、顔が写るほどの光沢があり光を思いっきり反射する13 Pro

また、iPhone 15 Proではマナースイッチがアクションボタンへと変更になっています。


正面から見たところ。
iPhone 14 Proから採用されたDynamic Island(ダイナミックアイランド)が15 Proにも搭載されているため、上部の切り欠き部分の表示が異なります。

iPhone 15 ProはDynamic Island搭載


チタニウム製になり軽量化した15 Pro

重量は、Appleが公開している仕様だとiPhone 13 Proが203g。

実測値だとガラスフィルム込みで214gでした。だいたいフィルムが約10gなので、こんなものでしょう。

iPhone 13 Pro ガラスフィルム込みの重量

iPhone 15 Proは仕様で187g、実測値は188.5g。
チタン製になったことで、性能は上がっているにもかかわらず約15gほど軽量化

チタン製になったことで軽くなったiPhone 15 Pro

数字で見るとあまり大した変化がないようにみえるかもしれませんが、実際に持ってみると「お、軽くなったな」と数字以上の違いを感じます。

ほとんどデカく重くなる一方のスマートフォン業界において、この軽量化は嬉しい。


チタンで高級感と軽さを両立させたiPhone 15 Pro

素材がチタンに変わったことによる、高級感を漂わせつつ軽量化も実現させたiPhone 15 Pro

個人的なファーストインプレッションとしてはかなり良いです。


これから、当ブログ「ushigyu.net」にてiPhone 15 Proに新しく搭載されたアクションボタン、USB-Cへの変更による性能の違い、おすすめのケースやガラスフィルムなどをひとつひとつ検証・レビューしていきたいと思います!


iPhone 15 Proのアクションボタン iPhone 15シリーズ4機種と他の現行iPhoneを比較。価格やスペック、カメラの違いなど 【2024年】iPhoneと一緒に使いたいおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ

iPhone 15・15 Pro関連記事はこちら

iPhone 15でUSB-Cメモリに写真などのデータを保存する方法。利用できない場合はフォーマットが必要かも iPhone 15 Proアクションボタンの機能と設定方法 iPhone 15 Proの透明クリアケースならSimpismがおすすめ。米軍規格の耐衝撃性能を備え、Appleマークもきれいに見える iPhone 15 Proの超軽量・極薄ケースのおすすめ「AIR-REAL」をレビュー。MagSafeがちょっと使えるメリットも iPhone 15を保護するSimplismガラスフィルムは、自宅でもきれいに貼れる『貼るピタULTRA』がとても良い iPhoneカメラレンズを保護するSimplismのカバーガラス、装着しておくと安心感が高まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA