【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

iPhoneを近づけるだけで連絡先を交換できる「NameDrop」の使い方、設定方法【iOS 17】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

iOS 17のリリースにより、iPhoneで新たに利用可能となった機能「NameDrop(ネームドロップ)」。

iPhone同士を近づけるだけで、ポスターを含む連絡先情報(電話番号、メールアドレス)を交換できる機能です。

iPhoneのNameDropをGIF動画で

Apple Watch(watchOS 10)とiPhone、Apple Watch同士でもNameDropは利用可能。

Apple WatchとiPhoneでもNameDrop可能

一昔前の赤外線通信やBUMPのような機能ですね。


この記事では、iPhoneの新機能・NameDropの使い方と、NameDropのときに表示されるマイカードの編集・設定方法を紹介します!

NameDropの設定方法

「NameDrop」を利用するには、iOS 17へのアップデートが必要です。

iOSアップデートは、設定の「一般」→「ソフトウェアアップデート」から。

iOS 17へのアップデート


iPhoneをiOS 17にアップデートしたら、設定の「一般」→「AirDrop」へと進みます。

設定の「一般」→「AirDrop」へと進む

いちばん下の「デバイス同士を近づける」がNameDropの設定なので、このスイッチをオンにしましょう。

「デバイス同士を近づける」がNameDropの設定

スイッチの下に記載されている説明文は、以下の通り。

iPhoneの上部を別のiPhoneの近くにかざすと、簡単にNameDropで番号を交換したり、写真を共有したりできます。


NameDropで表示されるマイカードの作成・編集

NameDropで送る自分の連絡先やデザイン(マイカード)は、あらかじめ設定しておく必要があります。


マイカードを設定するには、iPhoneの連絡先アプリを起動。

マイカードを設定するには、iPhoneの連絡先アプリを起動

自分の連絡先を編集します。もし自分を登録していない場合は、あらかじめ作っておきましょう。

NameDropで送りたい自分の連絡先を表示したら、「連絡先の写真とポスター」をタップ。
左にスワイプして「新規作成」ボタンを押します。

連絡先にマイカードをつくる

マイカードの背景(ポスター)を選びます。その場で撮影、写真ライブラリ、ミー文字、モノグラム(イニシャルなど)から選択可。

ためしに写真を選んでみたところ、横向きの写真であってもiPhoneの縦画面に合うよう切り取られていました。

マイカードの背景(ポスター)を選ぶ

ポスターに選んだ写真にエフェクトをかけたり、色味の変更したり、表示される名前のフォントを変更したりといった編集もできます。

ポスターに選んだ写真にエフェクトをかけたり、色味の変更したり、表示される名前のフォントを変更したりといった編集も

連絡先ポスターとセットになる写真(丸アイコンで表示されるサムネイル)を設定し、必要に応じて連絡先の詳細を入力したら完了です。

連絡先ポスターとセットになる写真(丸アイコンで表示されるサムネイル)を設定

ここまでだと連絡先のうちの1人として自分を追加しただけ。

次に、それが「自分のものである(マイカードである)」という設定をします。


つくったマイカードを「自分の情報」として設定

設定の「連絡先」から「自分の情報」をタップします。

設定の「連絡先」から「自分の情報」をタップ

さきほど作成・編集した自分の連絡先を選択。

さきほど作成・編集した自分の連絡先を選択


連絡先設定で「自分の情報」欄に自分の名前が表示されていれば設定できています。

連絡先アプリの一番上に、マイカードとして自分の表示が確認できるはず。

連絡先設定で「自分の情報」欄に自分の名前が表示されていればOK


NameDropのやり方

NameDropで連絡先を交換するには、iPhoneの先端同士を近づけたり重ねたりすればOK。

起動時には、「ブゥーーン」とエフェクトが発生します。カッコいい。

iPhoneのNameDropをGIF動画で


自分の連絡先を設定していない場合は、左側のように「連絡先情報を受信しますか?」とだけ表示され、こちらの情報を送信することはできません。

NameDropで連絡先を交換するには、iPhoneの先端同士を近づけたり重ねたりする

もちろん、両方のiPhoneがiOS 17にアプデ済みでNameDropがオンになっているのが条件。

iPhoneのNameDrop機能


「受信のみ」だと、こちらの連絡先は送らずに相手の情報をもらうだけ。
「共有」だと、それぞれ連絡先を交換します。

「受信のみ」「共有」を選べる


iPhone新機能「NameDrop」の使い方 まとめ

NameDropで交換できるのは電話番号とメールアドレスのみですが、知っていると便利な機能であることは確か。

iOS 17にアップデートしたら、自分だけのマイカードをつくってNameDropに備えておきましょう!


iPhone 15 Proのアクションボタン iPhone 15シリーズ4機種と他の現行iPhoneを比較。価格やスペック、カメラの違いなど 【2024年】iPhoneと一緒に使いたいおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ

【関連】iOS 17の新機能紹介記事はこちら

iPhoneスタンバイモードの設定と使い方。対応機種や動作する条件も紹介【iOS 17】 iPhone「画面との距離」の設定方法。画面を目から離し、眼精疲労や子供の近視リスクを軽減【iOS 17】 iPhoneで日本語の手書き入力キーボードを使う設定方法【iOS 17】 iPhoneで昨日の天気や温度、湿度などを確認する方法【iOS 17】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA