【開催中】楽天スーパーSALE攻略情報まとめ

NURO光 for マンションは安くて高速!料金や開通までの流れ、メリット・デメリット、実際の回線速度などくわしく紹介

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

最近引っ越しをしたのですが、自宅のインターネット回線をどこにするか悩んでいました。

フレッツ光にするのか、それともソフトバンク光やNURO光といった別の回線にするのか。

月額料金は?キャッシュバックは?ちゃんと速度は出るのか?など考え出すときりがありません。


最終的に選んだのは、SONYが提供しているNURO光 for マンション


NURO光 for マンションの申し込み

NURO光は速度低下が激しいとかで以前プチ炎上していたのもあり躊躇したんですが、以下3つの理由で今回はNURO光 for マンションを選ぶことにしました。

【私がNURO光 for マンションを選んだ理由】

  1. 評判をチェックしたところ、以前のパケットロスや通信速度低下時と比較するとある程度の改善が見込めそう
  2. 引っ越し先にたまたま「NURO光 for マンション」の設備があり申し込み可能だった
  3. 月額2,780円以下(最安で2,090円)と、他の光回線に比べてかなり安い


使い始めて2週間ほどになりますが、いまのところまったく問題なく安定した高速回線を利用できていて満足。

この記事では、NURO光 for マンションの申し込みから回線工事までの流れとメリット、注意点(リスク)についてくわしく紹介します!

NURO光 for マンションってどんな回線?

まず、「NURO光 for マンション」とはどういう回線なのか?かんたんに紹介します。

SONYが提供するインターネット回線「NURO光」

NURO光(ニューロひかり)は、SONY(ソニー)のグループ会社であるソニーネットワークコミュニケーションズが提供しているインターネット回線。

テレビでもよく流れているので、詳しくなくても名前だけは聞いたことがあるかもしれません。


2024年2月現在は戸田恵梨香さんがイメージキャラクターで、少し前までは大泉洋さんがCMに出演していました。

NURO光と「NURO光 for マンション」はどう違う?

NURO光には、「NURO光」に加えて「NURO光 for マンション」という合計2種類のプランがあります。

それぞれの違いは、以下の通り。

NURO光
for マンション
NURO光
対象 NURO光
設備導入済みの
マンション
設備未導入
かつ39戸以下の
マンション
月額料金
(3年契約の場合)
2,090〜2,750円 1年目:980円
2年目以降:5,200円
契約事務手数料 3,300円 3,300円
宅内工事費 44,000円
※36ヶ月分割で実質無料
3年間の利用総額 99,550円 139,860円
開通までの期間 最短1〜2週間 戸建て:1〜2ヶ月
集合住宅:2〜3ヶ月
回線速度 下り最大2Gbps

(出典:NURO 光 for マンションとNURO 光の違い | NURO 光 for マンション


ざっくり言うと、NURO設備導入済みのマンションなら「NURO光 for マンション」が月額2,090〜2,750円と比較的安く利用できる。開通までの期間も短い。

設備が導入されていないマンションや一戸建ての場合、for マンションよりはやや高めの通常のNURO光プランとなり、月額費用は2年目以降5,200円(初年度は980円/月)で開通までの期間も長め。
※ただし、キャッシュバック特典もfor マンションに比べ高額な傾向あり


たいていのインターネット回線は安くとも月額4,000円以上することを考えると、「NURO光 for マンション」が利用できる設備導入済みマンションならかなりお得にインターネットが利用できると言っていいでしょう。


NURO光 for マンションのメリット

光回線としてはかなり安い(月額2,090〜2,750円)

自宅で光回線を利用する場合、料金がだいたい4,000円以上はかかるのが普通。
私が以前使っていた回線も、月額4,000円ほどでした。

通常のNURO光の料金も、5,200〜6,100円/月で他のプロバイダとさほど変わらない。


その点、NURO光 for マンション月額2,090〜2,750円(3年契約の場合)とかなり安く済むのが大きな魅力。

なお、実際の月額料金は以下のとおり契約期間とマンション内の契約人数によって変動します。

NURO光 for マンション月額料金
3年契約 2年契約 契約期間なし
6人以下 2,750円 3,190円 3,630円
7人 2,640円 3,080円 3,520円
8人 2,530円 2,970円 3,410円
9人 2,420円 2,860円 3,300円
10人以上 2,090円 2,530円 2,970円

※3年契約の場合、宅内工事費(44,000円)が36ヶ月分割となり契約継続する限りはその分が割引され0円に。途中解約した場合は工事費残額が一括払いとなり、更新月以外の解約なら解除料が別途528円必要。
※2年契約の場合、同様に24ヶ月分割となり解除料は363円。


利用可能なのはNURO設備が導入されているマンションに限られるものの、もし住んでいる(あるいは引っ越し先の)マンションでNURO光 for マンションが利用可能なのであれば、コストパフォーマンスの面でまず検討してみる価値は十分にあります。

回線速度が速い(個人差あり)

NURO光は、公式サイトの解説によると世界の標準規格である「GPON」という方式を採用しているとのこと。


他のプロバイダの光回線の場合、基本プランは最大1Gbpsの通信速度。

それに対し、NURO光(for マンション含む)の理論値は下り最大2Gbpsと速い。

NURO光の理論値は下り2Gbps

もちろんこれは理論値なので実際の速度は(他プロバイダも含め)そこまで出ませんが、私の体感でも速さをかなり実感できています。

左:Googleスピードテストの値、右:Google Homeによるテストの値

NURO光 for マンションは高速


利用者数などさまざまな環境に左右されるので一概には言えませんが、少なくとも私の環境では十分すぎる速度でインターネットができており、今のところ満足です。

Wi-Fiがそのまますぐに使える

NURO光 for マンションの回線工事の際に設置する機器(ONU)には、無線LAN(Wi-Fi)機能もついているのが特徴。

Wi-Fiルーターなどを設置しなくても、すぐにワイヤレスインターネットが利用できます。ネットの設定にあまりくわしくない人にとっては嬉しいポイント。

我が家に設置されたZXHN F660A


ちなみに私がこれまで利用してきたNTT系のインターネット回線では、無線LAN機能のない機器が設置される方式でした。

そこに別途ルーターを接続することで、Wi-Fiが使えるようになる形。

ルーター自体は自腹で購入する場合もあればプレゼントでもらえることもありますが、いずれにせよ自分で多少の設定は必要になります。

開通が早い

NURO光 for マンションが利用できるのは、すでにNURO光の設備を導入しているマンションのみ。

屋外工事は基本的に終わっている状態なので、必要になるのは屋内での回線工事だけです。


私の場合、申し込みから15日後(引っ越し翌日)に工事日を設定し、その日からすぐにネットが使えるようになりました。

工事の日はもっと早く設定することもできましたし、公式ページに記載のある「最短1〜2週間で開通」はウソではないようです。

キャッシュバック特典

多くの回線業者が申し込みから一定期間後にある程度の額をキャッシュバックされる仕組みを採用していますが、NURO光 for マンションも同様に条件を満たすと25,000円キャッシュバックされます。


条件は、NURO光 for マンション利用開始の8ヶ月後の15日にマイページで手続きすること。

手続きが可能な期間は45日間(約1ヶ月半)なので、カレンダーアプリにでも入力して忘れないようにしておくといいでしょう。


NURO光 for マンションのデメリット(リスク・注意点)

ここまでNURO光 for マンションのメリットについて紹介してきましたが、一方でリスクや注意点もあります。

もし申し込むつもりなのであれば、こういったデメリットも把握しておくのが重要。

利用できるエリア・マンションが限られる

「for マンション」を含むNURO光のサービスは、全国を網羅しているNTTと違い提供可能なエリアが限られます。

具体的には、以下の地域で提供中(2024年2月現在)。

【2GBプラン】
北海道、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)、東海(愛知、静岡、岐阜、三重)、関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)、中国(広島、岡山)、九州(福岡、佐賀) ※一部エリア除く

【10GBプラン】
宮城の一部エリア
マンション向け光ファイバー・回線 NURO 光 for マンション

よって、これらの都道府県以外では現時点でNURO光を利用できません。


さらに、「NURO光 for マンション」の場合はすでにNURO光の設備を導入しているマンションでなければ加入不可。

NURO光 for マンションを導入したいマンションがその対象に含まれるかどうかは、こちらのページにて確認できます。

10Gプランへのグレードアップが現状できない

現在、多くの回線業者で選択可能になっている最大10Gbpsのプラン。

料金はその分高くなるものの、可能な限り回線速度が速いほうがいい人にとっては選ぶ価値のあるハイグレードなプランです。


NURO光 for マンションでは、現状この10ギガプランへのアップグレードができません

10ギガプランが利用可能なのは宮城県の一部エリアのみで、その他の提供地域で選べるのは2ギガプランのみ。
(逆に、10ギガプラン提供中の宮城県一部エリアでは2ギガプランが選べない)


ほとんどの人は2ギガプランでも遅くて困ることはまずないと思いますが、一応このことも知っておくとよいでしょう。

今後のエリア拡大で、グレードアップができる可能性もあります。


なお、「for マンション」ではない通常のNURO光では、10ギガプランへのアップグレードも可能となっています。

マンションの利用世帯数や時間帯により遅くなる可能性あり

NURO光 for マンションは、1本の光ファイバーをマンション内の利用世帯数で分け合う形になっているとのこと。

「NURO光 for マンション」は1本の光ファイバーを利用世帯数で分け合う形になります。
NURO光マンションタイプは2つある?戸建タイプとの違いは? | NURO光特典キャンペーンサイト


なので、もしマンション内の多くの世帯が同時に大量の通信をした場合、通信速度が遅くなる可能性があります。

前述の通り、マンション内の利用世帯数が増えると月額料金は安くなりますが、その分速度低下のリスクも増すことになりそう。


NURO光 for マンションの申し込み〜開通までの流れ

NURO光 for マンションの申し込み方法と、回線工事手配までの流れを紹介します。

NURO光 for マンションの申し込み方法

NURO光 for マンションに申し込みたい場合は、まずはこちらのページから住んでいる(あるいは引っ越し先の)物件がNURO導入済み物件かどうかを検索してみましょう。


NURO光 for マンションの申し込み

上記検索ページでマンション名がヒットすれば、すぐに申し込みが可能。


申し込んでアカウントを登録したら、回線工事の希望日(空きがある場合、最短で1週間後〜)を入力します。

私の場合は引っ越し予定日の翌日に設定し、そのまま確定しました。

NURO光の工事日が確定

回線工事〜開通まで

回線工事の手配まで終えたら、あとは工事日を待つだけ。

当日は2人の作業員さんが来訪。
前の住人の宅内設備が残っていたこともあり、30分足らずで工事とONU(兼 Wi-Fiルーター)の設置まで完了。


すぐに高速な無線LANが使えるようになりました。ありがたい。

マイページで各種情報の確認、変更や解約もできる

契約後にログイン可能なマイページにて、各種情報の確認や変更、解約も可能のようです。

NURO光 for マンションの契約情報


工事費の残り金額(残債)、さらにはマンションの利用者数もわかるっぽい。

NURO光 for マンションの工事費残債

確かマンションに最低4人の利用者がいなければNURO光 for マンションは使えないはずですが、前の住人が退去して3人に→私が契約したのでふたたび4人になった、ということなのだろうか……?


キャッシュバックの申請もこのページからできるので、8ヶ月経ったら手続きを忘れずに。

NURO光 for マンションのキャッシュバック


コスパが高いNURO光 for マンション。検討の価値あり

回線速度は環境にもよるので使ってみなければわからない部分もありますが、NURO光 for マンションがまず魅力的なのはやっぱりリーズナブルな月額料金。

月2,750円以下で光回線インターネットが使えるのは嬉しい。

少なくとも我が家では速度もばっちり出ているので、言うことなしです。


エリアやマンションなど条件はありますが、もし住んでいるマンションが申し込み可能なようであれば検討してみる価値ありです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA