【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

povoの「データ使い放題」は、引っ越し等で短期間ネットが使いたいときに便利!WiFiレンタルより断然おすすめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

先日、引っ越しの関係で自宅のインターネットが数日間使えない状況がありました。

WiFiルーターをレンタルするのは面倒だし、かといって数日ネットを使わずスマートフォン回線のみというのも厳しい。


そんなときに知ったのが、auが運営しているpovo(ポヴォ)の24時間使い放題プラン

povo

レンタルルーターに比べて安い上に手続きや設定もスマホだけで済むので、非常に使い勝手が良い。

povoの「24時間使い放題」メリット
  • 330円/24時間で、大抵のレンタルWi-Fiルーターよりも安い
  • ほとんどのスマートフォンではeSIMが使えるので、アプリ上で設定・申し込みするだけでOK
    (わざわざデバイスを受け取ったり返送する手間なし)
  • 一度設定してしまえば、使いたいときにいつでもすぐ使える
  • 当面の間は『ほぼ2日間』利用可能


実際に引っ越しの合間に使ってみましたが、サクッと使えるしつながるし安いしで言うことなしでした。

「povo」についてざっくり説明

povo(ポヴォ)は、auが発行しているリーズナブルな通信サービス。

その大きな特徴は、月額基本料金がなく「トッピング」によってデータ通信や通話し放題といったプランを自由に組み合わせられること。


さほどデータ通信をしない人なら、「データ追加3GB(30日間、990円)」をトッピングすれば、月990円の回線として使える。

月によってデータ使用量に波があるユーザーは、「データ追加150GB(180日間、12,980円)」ならだいたい半年間のあいだ合計150GBを好きなように使える。

DAZN使い放題(925円、7日間)で気になる試合のときだけ視聴したり、5分以内通話し放題(550円/月)といったトッピングもあります。

povoトッピング
povo2.0料金プラン詳細|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン【公式】povo2.02024年2月3日現在

通信速度もau回線とほとんど遜色なく、快適に利用できます。


今回注目するのは、このトッピングのうち「データ使い放題(330円、24時間)」。

これが、引っ越しなどで数日〜数週間程度ネットを使いたいときにとても便利なんです。


povoの利用手続き手順

povoのアカウント登録〜本人確認

まずは、povoの公式サイトまたはアプリにてアカウント登録の手続きをやっておきましょう。

povo2.0アプリ
ユーティリティ
無料

povoアカウント登録

私は途中までWeb上で手続きしたんですが、結局アプリが必要になるので最初からインストールしてしまってもいいかもしれません。


手早く使い始めたい、必要に応じて短期間使いたい人は「eSIM」がおすすめ。
申し込みの時点では料金は発生しないので安心。

現行のスマートフォンはほとんどeSIMに対応していますが、事前に手持ちの機種がeSIM対応しているかどうかご確認ください。

povoはeSIMがおすすめ

たとえば、iPhoneであればXS・XR以降の機種(SEは第2世代以降)ならeSIMに対応しています。


ここまでWebで手続きしてきた場合は、この先の手続きに必要なpovo2.0アプリをダウンロードしてください。

この先の手続きに必要なpovo2.0アプリをダウンロード

povoアプリを開き、最初に登録したアカウントでログインすると手続き状況が確認できます。

次は本人確認。

povoアプリを開き、最初に登録したアカウントでログインすると手続き状況が確認できる

本人確認書類を手元に準備し、スマホカメラの写真撮影でチェックします。
わりと面倒ですが最初の1回だけなのでがんばりましょう。

本人確認書類を手元に準備し、スマホカメラの写真撮影でチェック

povoのeSIMを発行して有効化

私の場合、2:00ごろに本人確認を終えて確認完了したのがその日の11:30ごろでした。

本人確認完了

本人確認を終えたら、povoアプリ上でeSIMを発行して有効化します。

povoアプリ上でeSIMを発行して有効化

eSIMの設定は、プロファイルをダウンロードしアクティベートするだけ。
アプリの案内にしたがって進めていきましょう。

eSIMの設定は、プロファイルをダウンロードするだけ

povo用のeSIMプロファイルをダウンロードすると、自動的に「eSIMをアクティベート」と表示されるので、そのまま続けていけばOK。
※iPhoneの場合。Androidでもほぼ進め方は同じ

eSIMをアクティベート


いつでもすぐにデータ通信し放題が使えるpovo

なんといってもpovoが便利なのは、いつでもすぐに「データ使い放題」を330円で使用可能なところ。

引っ越しでしばらくネットが使えないとき、出張や旅行で数日間だけたくさんデータ通信をしたいときなどに非常に便利です。

好きなときに使えるpovoのデータ使い放題(24時間)

eSIMの有効化まで終えたら、あとは好きなときに好きなトッピングを選ぶだけでいつでも通信可能。

eSIMの有効化まで終えたら、あとは好きなときに好きなトッピングを選ぶだけでいつでも通信できる

今回は自宅インターネットの代わりにパソコンもつないでデータをたくさん使いたいので、「データ使い放題(24時間)」を利用してみます。価格は330円/回。

データ使い放題(24時間)を利用

トッピングを選んでスワイプするだけで購入完了、すぐに使い始められます。めちゃくちゃ簡単。

使い放題の期間中は、アプリ上で「データ使い放題中」と表示されます。

使い放題の期間中は、アプリ上で「データ使い放題中」と表示される

環境にもよりますが、参考までに福岡市内の我が家では十分すぎる通信速度が出ていました。

もちろんテザリング(インターネット共有)でパソコンなど他のデバイスを使ってもサクサク。

十分すぎる通信速度のpovo

当面のあいだ、データ使い放題は1回で24時間以上(最大で約2日)使える

povoのトッピング「データ使い放題」は、通常330円で24時間利用可能。

つまり、朝9時に購入したら翌日の朝9時まで使えるのが普通。


なのですが、2024年2月現在は24時間を迎えた日の23時59分59秒まで利用可能となっています。

※当面の間は、期間満了日の23時59分59秒までご利用いただけます
データ使い放題(24時間)|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン【公式】povo2.0

たとえばとある日の朝に24時間使い放題トッピングを購入すると、翌日いっぱいまでほぼ丸2日使える計算。すばらしい。


私の場合、1月29日の朝9時ごろに購入し、1月30日いっぱいまで使い放題でした。たった330円で……ありがてえ。

データ使い放題は1回で24時間以上(最大で約2日)使える


「当面の間」とあるので、いずれは仕様通りの24時間になるとは思います。

気になる方は、povo公式サイト等で申し込み時にご確認ください。


短期間ネット使い放題にするなら、povoがベスト

レンタルWi-Fiルーターよりも安くて手軽なpovoの使い放題

これからインターネットを短期間だけ利用したいときは、povoで決まりだなと思っています。


eSIMの枠が開いているなら、とりあえずpovoのeSIM有効化までやっておくといざというときに使い放題にできて便利ですよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA