【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

iPhone 15を保護するSimplismガラスフィルムは、自宅でもきれいに貼れる『貼るピタULTRA』がとても良い

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

iPhoneを手に入れたら、うっかり落としたり擦ったりしてキズや割れができてしまう前に画面を保護するガラスフィルムを貼っておきたいもの。

大きく割れると日々使うのに支障があるし、修理にもお金がかかる。

多少のキズ程度なら普段使いにはそう問題ないものの、たとえばショップに売るときには査定を下げられてしまいますし良いことはない。


iPhone 15シリーズをはじめとするiPhoneのフィルムとしてオススメなのが、Simplism(シンプリズム)のガラスフィルムです。

iPhoneにはSimplismのガラスフィルムがおすすめ

iPhone 13のときからこのSimplismの保護フィルムを使ってきて、感じているメリットが以下の5つ。

  1. 自宅でもぴったり綺麗に貼れる「貼るピタ」システムが優秀
  2. 角割れ防止、ブルーライトカット、のぞき見防止など多くの種類から選べる
  3. 長くiPhoneアクセサリーを販売してきた日本メーカーの製品なので、保証やサポートも期待できる
  4. 透明度や保護性能も申し分なし
  5. 1,000円台から買えるリーズナブルさ

たとえばApple公式で販売されているBelkinのiPhone 15 Pro用ガラスフィルムは6,800円となかなかのお値段なのですが、Simplismのガラスフィルムは1,680円から買えるので比較的お手頃。


購入したばかりのiPhone 15 Proにも、さっそくこのSimplismガラスフィルムを貼ることに。

さらに簡単になった「貼るピタULTRA」で、数分できれいに貼れて満足です!

販売元のトリニティさんから製品を提供いただきレビューしています。

好きな機能が選べる、シンプリズムのiPhone 15フィルム

SimplismシリーズのiPhone用ガラスフィルムには、画面を保護する機能のみのシンプルなものから「ブルーライトカット」「のぞき見防止」「端まで保護して角割れを防ぐ」「特に強固なガラスメーカーのブランドガラス使用」など数多くの種類があります。

今回提供いただいたガラスフィルムは4種類
今回提供いただいたSimplismのiPhone用ガラスフィルム

高い透明度(反射防止・のぞき見防止タイプを除く)・高硬度10Hの強さは共通した特徴なので、どれを選んでも基本的に間違いはなし。


具体的には、以下の機能をもったガラスフィルムが販売されています。

Simplismガラスフィルムの種類
  • ゴリラガラス/ダイノレックスガラス/ドラゴントレイルガラス
    → それぞれ特に強力な大手ガラスメーカーのブランドガラス
  • 角割れしないFLEX 3Dガラス
    → ディスプレイの縁まで覆うことで角割れしにくい
  • ブルーライトカット
  • 左右のぞき見防止
  • 反射防止
  • ゲーム専用
    → タッチ感度が特に良いため、スマホゲームに最適

たとえば眼が疲れやすい人には「ブルーライトカット」、電車などで周りの目が気になるなら「のぞき見防止」、よく落とす人は「角割れを防ぐ強化ガラス」など、好みに応じて選ぶといいでしょう。


それぞれディスプレイの大きさ別にiPhone 15・15 Pro用、iPhone 15 Plus・iPhone 15 Pro Max用がラインナップされています。

自分でさがしてみたい方は、以下からどうぞ。


自宅でもきれいに貼れる『貼るピタULTRA』で、iPhoneにフィルムを貼る

シンプリズムのiPhoneガラスフィルムを『貼るピタULTRA』できれいに貼る様子を写真で紹介します。

Simplismガラスフィルムの中身をチェック

今回は、左右のぞき見防止タイプのフィルムを貼ってみました。

左右のぞき見防止タイプのフィルム

「ケースに干渉しない」「気泡ゼロのバブルレス」「表面硬度10Hの強さ」は、すべてのSimplismフィルムに共通した特徴。

それに加え、この製品は電車など他人の目線が気になる場所でののぞき見を防止してくれる製品です。

電車など他人の目線が気になる場所でののぞき見を防止

中身はフィルムを内蔵したトレー、貼り付け方法のマニュアル、クリーニングクロスなど。

中身はフィルムを内蔵したトレー、貼り付け方法のマニュアル、クリーニングクロスなど

こちらのトレーは貼り付け時に使うので、以下で説明する『貼るピタULTRA』を進めるまでは絶対に開けたりしないようにご注意を。

トレーは触らないようにご注意を

iPhone 15 Proにシンプリズムのガラスフィルムを貼る手順

自宅でもきれいにピッタリ貼れる『貼るピタULTRA』の手順にしたがって、iPhone 15 Proにガラスフィルムを貼っていきます。

時間のある方は、まず以下の公式解説動画を見ておくとイメージしやすい。


以下、Simplismフィルムに付属のマニュアルと番号をあわせて進めていきます。

STEP.1
付属のクロスで汚れを拭き取る

まず、iPhoneディスプレイの汚れや指紋を付属のマイクロファイバークロスで拭き取ります。

この後にホコリを取る手順はあるものの、指紋や水分が固まったような汚れは取れにくいのでここで綺麗にしておきたいところ。
光に当てると画面の汚れが見やすい。

付属のクロスで汚れを拭き取る

STEP.2
トレーへiPhoneを右横から差し込む

フィルムが内蔵されたトレーに、”右横から”iPhoneを差し込みます。

以下の画像の向きが正解です。逆にしないよう注意!

フィルムが内蔵されたトレーに、右横からiPhoneを差し込む

親指でしっかり奥まで押し込みましょう。

親指でしっかり奥まで押し込みましょう

画面端をしっかりと押さえつけて固定。

画面端をしっかりと押さえつけて固定

フタが浮かないようにトレー裏側の耳を内側に折り込み、精度を高めます。

フタが浮かないようにトレー裏側の耳を内側に折り込む

STEP.3
中央部分のタブを引っ張ってはがす

フタの側面を左手でグッと押さえながら、中央部分から出ているタブ(『手前に引く』と書かれている、一番目立つやつ)を引っ張って取れるまではがします。

中央部分のタブを引っ張ってはがす

STEP.4
画面をおさえてホコリを吸着させる

この時点でホコリ取りテープがiPhoneの画面に貼り付いているので、しっかり端まで押さえてゴミやホコリを吸着させます。

しっかり端まで押さえてゴミやホコリを吸着させる

STEP.5
右手側のタブを引き抜く

左手ではさみこむように押さえながら、右手側のタブ(「埃取りテープ」と記載のある側)を引き抜いてはがします。

右手側のタブを引き抜く

STEP.6
右側の四角い凹みからガラスフィルムを押し付ける

向かって右側にある長方形のへこんだ部分をなぞるように、フィルムを画面に押し付けます。

右側の四角い凹みからガラスフィルムを押し付ける

STEP.7
最後のタブをはがす

トレーのフタを外し、最後のタブを右下から左上に向かってはがし取ります。

ガラスフィルムがiPhone表面にくっついていく様が見えるはず。

最後のタブをはがす

STEP.8

トレーからiPhoneを取り出し、残った気泡を端に押し出します。
ホコリやゴミが混入していない場合、小さな気泡は数日程度で自然となくなるとのこと。

仕上げに残った指紋を拭き取れば作業完了です!

トレーからiPhoneを取り出し、残った気泡を端に押し出す


『貼るピタULTRA』で貼ったiPhoneガラスフィルムはこんな感じ

今回、私のiPhone 15 Proに2種類のSimplismガラスフィルムを『貼るピタULTRA』で貼り付けてみたので、どのくらいきれいに貼れたのか写真をどうぞ。

全画面保護&のぞき見防止ガラスフィルム

さきほどの『貼るピタULTRA』手順で貼り付けた、全画面保護&のぞき見防止のガラスフィルム

のぞき見防止機能によりフィルムに少し黒っぽい色がついているため、iPhoneディスプレイの光が少し穏やかになっています。(写真ではわかりにくいですが)

のぞき見防止機能によりフィルムに少し黒っぽい色がついているため、iPhoneディスプレイの光が少し穏やかになっている

iPhoneの鮮やかなディスプレイをそのまま楽しみたい人には向きませんが、目への刺激を和らげつつのぞき見も防止できる意味では一石二鳥でもある。

このあたりは人ぞれぞれの好みですね。


シンプリズムの全画面保護タイプのガラスは、iPhoneのディスプレイぎりぎりまで覆うサイズになっています。

シンプリズムの全画面保護タイプのガラスは、iPhoneのディスプレイぎりぎりまで覆うサイズ

ややナナメから見ると、ガラスがどこまで覆っているかがわかりやすいでしょうか。

ややナナメから見ると、ガラスがどこまで覆っているかがわかりやすい


左右からの「のぞき見防止」機能。
ナナメ45度くらいから画面が暗く見にくくなってくる感じ。

左右からの「のぞき見防止」機能

このくらいの角度になると、もうほとんど見えません。電車で隣の席の人から見られる、などといった事態はかなり避けられそう。

このくらいの角度になると、もうほとんど見えない

角割れも防ぐFLEX 3Dガラスフィルム

もう1枚、「ドラゴントレイル」というめちゃくちゃ強そうな名前の素材をつかったFLEX 3Dガラスフィルムも貼ってみました。

ドラゴントレイルのFLEX 3Dガラス

「全画面保護」と「FLEX 3D」の違いは、前者がディスプレイをカバーするのに対して、後者のFLEX 3Dはディスプレイのさらに外側の縁まで広く保護しているところ。

落下してディスプレイの角を打ち付けたとしても角割れしにくいのがFLEX 3Dシリーズの特徴となっています。


ちなみにドラゴントレイル(Dragontrail)は、広瀬すずさんもCM出演しているAGC(旧 旭硝子)社の製品。

強度と耐傷性にすぐれたカバーガラスとのこと。

軽く、しなやかで、傷付きにくいという特性を持ち、フロート法による安定した生産性が高く評価されています。
世界中に拡大するカバーガラス市場において、卓越した強度と耐傷性を誇る電子機器用保護カバーガラスです。
Dragontrail® | 製品情報 | AGC


FLEX 3Dガラスは、強化ガラスとPETフレーム素材を組み合わせて角割れを防いでいるとのこと。

FLEX 3Dガラスは、強化ガラスとPETフレーム素材を組み合わせて角割れを防ぐ

パッケージ中身は、フィルムの種類以外は基本的に『貼るピタULTRA』を採用している全商品で同じ。

パッケージ中身は、フィルム以外は基本的に『貼るピタULTRA』を採用している全商品で同じ

今回もかんたんにピッタリ貼ることができました。貼るピタの信頼性半端ない。

今回もかんたんにピッタリ貼ることができました。貼るピタの信頼性半端ない

ディスプレイのガラスに加え、縁の黒い部分までカバーされているのがわかるでしょうか。

ディスプレイのガラスに加え、縁の黒い部分までカバーされている

左右・上下もぴったりで、指の滑りも(少なくとも私の感覚では)変わらず快適に使える。

左右・上下もぴったりで、指の滑りも(少なくとも私の感覚では)変わらず快適に使える

のぞき見防止と反射防止タイプを除き、透明度の高いフィルムなのでiPhone画面の見た目もほぼ変わりません。

のぞき見防止と反射防止タイプを除き、透明度の高いフィルムなのでiPhone画面の見た目もほぼ変わらない


自宅でもきれいに貼れる、シンプリズムのiPhoneガラスフィルム

一昔前のようにショップ店員さんに貼ってもらわなくても、自宅できれいに貼れるシンプリズムのiPhone用ガラスフィルム

私にとって、もはやiPhoneになくてはならないお供になりました。


他にも多くの種類のガラスフィルムがあるので、持っているiPhone、予算や好みの機能にあわせて選んでみてください!


iPhone 15・15 Pro関連記事はこちら

iPhone 15でUSB-Cメモリに写真などのデータを保存する方法。利用できない場合はフォーマットが必要かも iPhone 15 Proアクションボタンの機能と設定方法 iPhone 15 Proブルーチタン、チタニウム製で軽量化&落ち着いた質感が良い。編み込み式のUSB-Cケーブル付属 iPhone 15 Proの透明クリアケースならSimpismがおすすめ。米軍規格の耐衝撃性能を備え、Appleマークもきれいに見える iPhone 15 Proの超軽量・極薄ケースのおすすめ「AIR-REAL」をレビュー。MagSafeがちょっと使えるメリットも iPhoneカメラレンズを保護するSimplismのカバーガラス、装着しておくと安心感が高まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA