【厳選】一生モノの『買ってよかった』リスト

自宅のスマートホーム化におすすめの家電・デバイスまとめ。アプリや音声で操作・管理できて超便利!

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

自宅のスマートホーム化におすすめの製品まとめ

スマートホームとは、さまざまな家電や住宅設備をスマートフォンやスマートスピーカー等のデバイスと接続することで、より快適な生活を実現した家のこと。

スマートホームとは、IoTやAIの技術を活用し、スマートフォンやAIスマートスピーカーなどの制御デバイス、テレビ、照明器具などの生活家電やエアコン、給湯器、スマートロック、インターホン、シャッター、換気システムなどの住宅設備などのデバイスを接続し、より快適な生活を実現する住宅のこと
スマートホーム – Wikipedia

ざっくり言うと、家電やらライトやら何やらがアプリや音声で操作・管理できて便利だよね、くらいの感じでしょうか。


ガジェット好き・新しもの好きの私も、スマートホームに関連した製品をいくつも購入してきました。

今では自宅のカギやカーテン、ライトなどさまざまな家電や設備がアプリや音声でオン・オフ(あるいは調整)できるようになっています。

我が家でアプリ・音声による操作ができるもの
  • ライト(電灯)
  • エアコン
  • テレビ
  • カーテン
  • カギの開閉
  • サーキュレーター

他にも、リモコンで操作できるものなら何が追加されてもほぼコントロール可能。


この記事では、我が家で使っているスマートホーム関連の製品をすべて紹介。

自宅をスマートホーム化してより快適な生活をしたい方には、きっと役に立つはずです!

Amazon Echo(スマートスピーカー)

自宅をスマートホーム化するときの起点となるのが、スマートスピーカー

スマートホームの便利な点とひとつして「声だけで操作できる」があると思っているのですが、音声操作を実現するためにはまずスマートスピーカーがなければはじまりません。


有名なスマートスピーカーとしては「Amazon Echo」「Google Nest」が2強なのですが、個人的にはトップシェアのAmazon Echoシリーズを推します。

内蔵する音声アシスタントのクオリティや基本性能は甲乙つけがたいんですが、Amazon Echoの方が比較的安く買えてラインナップも豊富、かつセールでさらに安くなりやすいのが理由。

私もリビング(寝室)用に時計つきのEcho Dot、仕事部屋にはEcho Show 5を設置して使っています。

時計つきのEcho Dot 第4世代

私が持っている第4世代は販売終了のため、以下は第5世代のリンク

時計つきのEcho Dot 第4世代は、目覚まし代わりに寝室に置くのがオススメ。丸っこく可愛らしいデザインも良い


Echo Show 5の時計表示と壁紙を変えてみた

第2世代は販売終了のため、こちらは第3世代へのリンクです。性能はほぼ同じ

Echo Show 5をレビュー!何ができるのか、おすすめの使い方も紹介


家電の操作には後で紹介するスマートリモコンが別途必要になりますが、Amazon Echo単体でも天気予報や今日のニュースを聞いたり、音楽をかけたり、気になった言葉の意味を尋ねたり……といった会話が可能。

ディスプレイつきのEcho Showなら、YouTubeやNetflixといった動画サービスを視聴したり、フォトフレームとして使うこともできます。見守りカメラにもなる多機能っぷり。

Amazon Echoができること
  • 「アレクサ、◯◯」と尋ねると、天気やニュース、言葉の意味などあらゆることに答えてくれる
  • Amazon Musicなどのサービスと連携し、音楽が流せる
  • スマートリモコンと接続すれば、エアコンやライト、テレビなどの家電を操作可能
  • ディスプレイとカメラがついたEcho Showなら、動画サービス視聴やデジタルフォトフレームとしての利用、見守りカメラにもできる


Amazon Echoにはスピーカータイプが4種類、ディスプレイつきタイプが4種類ありますが、内蔵している音声アシスタント・Alexa(アレクサ)はどれも同じ。違いは音質や時計の有無、ディスプレイの大きさなどといった別の部分です。

【Amazon Echoスピーカータイプの比較表】

Echo Pop Echo Dot
(第5世代)
Echo
(第4世代)
Echo Studio
外観 Echo Pop Echo Dot Echo Echo Studio
価格 5,980円 7,480円
時計つきは8,480円)
11,980円 29,980円
スピーカー
サイズ
1.95インチ 1.73インチ 3.0インチウーファー
0.8インチツイーター×2
5.25インチウーファー
2.0インチミッドレンジスピーカー
1.0インチツイーター
Ultra HD
/空間オーディオ
Dolby Dolby Audio Dolby Atmos
ライン入出力 3.5mmライン入出力 3.5mmミニジャック
/ mini-opticalライン入力
モーション検知
温度センサー
サイズ 99×83×91mm 100×100×89mm 144×144×133mm 206×175×175mm
重量 196g 304g 940g 3500g
発売日 2023/5/31 2023/2/14 2020/10/22 2019/12/5


【Amazon Echoディスプレイつきタイプの比較表】

商品名 Echo Show 5
(第3世代)
Echo Show 8
(第2世代)
Echo Show 10
(第3世代)
Echo Show 15
写真 Echo Show 5 Echo Show 8 Echo Show 10 Echo Show 15
価格 9,980円 14,980円 29,980円 29,980円
画面サイズ 5.5インチ 8.0インチ 10.1インチ 15.6インチ
画素数 960×480 1280×800 1280×800 1980×1080
カメラ 2メガピクセル 13メガピクセル
自動フレーミング
13メガピクセル
自動フレーミング
5メガピクセル
スピーカー 1.7インチ×1 2.0インチ×2 1.0インチツイーター×2
3.0インチウーファー
1.6インチ×2
向き 横向き 横向き 横向き 横向き/縦向き
壁掛け
サイズ 147×82×91mm 200×130×99mm 251×230×172mm 402×252×35mm
重量 456g 1037g 2560g 2200g
発売日 2023/7/21 2020/2/26 2021/4/14 2022/4/7


お好みで選んでいいのですが、スマートスピーカー初心者の方はまず安いモデルから試してみるのがおすすめ。自分に合うデバイスなのかどうかは、使ってみないとわかりませんからね。

そういう意味だと、スピーカータイプならEcho Pop(5,980円)がいちばん安い。まずはこの製品から始めてみるのもいいでしょう。


なお、基本的な音声でのやりとりや後述の家電コントロールはGoogleのスマートスピーカー・Google Homeシリーズでももちろん可能。

AmazonよりもGoogleが断然好き、Google Nest MiniやNest Hubの方がデザインが好みだという方は、そちらを選ぶのもいいでしょう。


SwitchBotハブミニ/ハブ2(スマートリモコン)

SwitchBotハブミニ

Amazon Echoと並んで、我が家のスマートホーム化に重要な役割を果たしているのがSwitchBotハブ ミニ

SwitchBotハブミニ

SwitchBotハブミニは、家電のリモコン操作による赤外線を判別して記憶し、アプリからリモコンと同じ操作ができるようにするスマートリモコンです。

ざっくり『リモコンなしでも、アプリや他デバイスから家電の操作ができるようにする』もの、と覚えておけば十分。


SwitchBotアプリからエアコンやテレビ、ライト等の家電が操作できるようになるだけでなく、Amazon Echoと連携して音声操作もできるのがメリット。

SwitchBotハブミニ コントロール画面

たとえば枕元にライト用のリモコンやスイッチがなくても「アレクサ、ライトを消して」と話しかければ消灯→就寝できる。

一言かけると複数のタスクをこなせる定型アクションを活用すれば、「アレクサ、おやすみ」ですべての電気とテレビとエアコンを消す、などといった操作も可能。


自宅をスマートホーム化するにあたっては、スマートスピーカーと並んで無くてはならない製品です。

SwitchBotハブ2

SwitchBotの新世代スマートリモコンとして大きく進化を遂げたのが、2023年3月に発売されたSwitchBotハブ2

SwitchBotハブ2

SwitchBotハブミニと同様のスマートリモコン機能に加え、温度・湿度・照度計とその推移の記録、本体スマートボタンによる家電の操作、スマートホーム世界規格であるMatterにも対応。

機能面だけでなく、将来性においてもハブミニを大きく上回るスマートリモコンです。

アプリに表示されている温度・湿度と、SwitchBotハブ2に表示されている数字を並べてみました


SwitchBotハブミニとハブ2のどちらにするか悩ましい方のために、両機種の比較表をつくってみました。

SwitchBotハブ2 SwitchBotハブミニ
画像 SwitchBotハブ2 SwitchBotハブミニ
通常価格 8,980円 5,480円
スマートリモコン機能
温湿度センサー
照度センサー
スマートボタン
スマートアラート
GPS連動
シーン機能
(同時に複数操作)
Matter対応
オートメーション スケジュール
GPS
温湿度
照度
スケジュール
GPS
対応サービス Amazon Alexa
Googleアシスタント
Siri
IFTTT
Amazon Alexa
Googleアシスタント
Siri
IFTTT


家電をアプリで操作したり、スマートスピーカーと連携させて音声操作できるスマートリモコンとしての機能はどちらも同じ

SwitchBotハブ2は、それに加えて温湿度・照度を計測して記録したりアラートを出すことが可能。本体のボタンで登録した家電を一度に操作するスマートボタン機能も備えています。

さらにMatterにも対応しているので、メーカーの枠を超えて多くのスマートホーム家電と連携できる可能性が高い。


スマートリモコンを使いたいだけならハブミニで十分ですが、ハブ2のもつプラスアルファの機能と将来性も捨てがたいところ。

どちらでも自宅のスマートホーム化に貢献してくれることは間違いないので、お好きな方をどうぞ。

SwitchBotハブ2のレビューと使い方。スマートリモコンに温湿度・照度計つき、ボタンで家電まとめて操作もできる


SwitchBotカーテン

毎朝我が家のカーテンを開けて、夕方の決まった時間に閉めてくれているのがSwitchBot カーテン

SwitchBot カーテンのパッケージ

カーテンを”スマート化”する発想はもしかするとあまりないかもしれませんが、これがとても良いんです。


カーテンレールに設置すれば、あとはアプリ操作でカーテンの開け閉めが可能。

私が普段利用しているのは、スケジュール機能
スマホのアラームと同じように開ける/閉める時間を設定しておけば、あとはSwitchBotカーテンが自動でやってくれます。

起きたい時間にカーテンを開き、朝の光で目覚める。大音量のアラームで起きるよりもずっと自然で気持ち良い。
(私の場合、光だけでは起きないこともときどきありますが。。。)

SwitchBot カーテンのマークを押すと、カーテンの操作やスケジュール設定ができる


SwitchBotハブミニと連携することで、ネット経由で外出先からのカーテン開閉も可能。

さらにAmazon Echoなどスマートスピーカーとも連携させれば、音声による開け閉めもできます。


「カーテンくらい手動でやれよ」と思うかもしれませんが、使い始めるともう手放せない便利さ。ぜひ体験してみてほしい。

なお、基本的にカーテン1枚に対して1台必要なので、両開きを自動化するにはSwitchBotカーテンが2台必要。私はケチって片方だけで十分かなと思い右側のみに設置しています。

SwitchBot カーテンをレビュー!設定時間に自動でカーテンが開き、朝の陽光で目覚める。アプリや音声でも操作可能


SwitchBotカーテン3

2023年に発売されたSwitchBotカーテン第3世代は、前述のSwitchBotカーテンがより進化したモデル。

SwtichBotカーテン3


前世代までとの大きな違いは、以下の2点。

SwitchBotカーテン3のおもな特徴
  • よりパワーアップした一方で、運転音が25dB以下とかなり静かに。業界初の「QuietDrift」搭載
  • スマート家電の世界規格「Matter」に対応


よりカーテンを開ける力がパワフルになったほか、「QuietDrift」機能を使うことでゆっくり静かにカーテンを開けることが可能になりました。

本当にほとんど聞こえないほど静かなので、前までの世代の動作音が気になっていた人は買い替える価値あり。

SwitchBotカーテン3のレビューと設置方法。静音化&パワーアップで、自動カーテン開閉がより使いやすく!


SwitchBotスマートロック&指紋認証パッド

自宅に設置して以来、想像以上の便利さを感じているのがSwitchBotスマートロック

Amazonで購入したSwitchBotロック

SwitchBotスマートロックは、カギの内側(屋内側)に取り付ける製品。
スマートフォンとBluetooth接続し、アプリでカギの開け閉めができます。

SwitchBotロックがあれば、カギを持ち歩く必要がなくなる

アプリでオートロック(ドアが閉まると自動的にカギをかける)設定も可能で、これが私の一押し機能。

SwitchBotロックの自動施錠設定

外出時にわざわざカギを取り出してガチャガチャやらなくていいし、帰宅時にうっかりカギを閉め忘れることもない。日々の小さなストレスがゼロになる素晴らしさを感じます。


SwitchBotハブミニと連携させるとインターネットに接続されるので、ネットさえつながればどこからでも施錠・解錠ができます。

…が、オートロック設定していれば閉め忘れはあり得ないし、出先からカギを開けておきたい状況もまずないので個人的には(ネット経由でのカギ開閉機能は)あまり使わないかな?


オートロックと並んで便利なのが、指紋認証による解錠機能。この機能を使うにはSwitchBotロックに加えて指紋認証パッドが必要です。SwitchBotロックとは逆で、ドアの外側に取り付けるデバイス。

SwitchBot指紋認証パッド(キーパッドタッチ)

SwitchBotロックだけでもアプリを使って解錠が可能ですが、特に荷物が多いときなどはアプリ操作すら面倒なことも。

そんなとき指紋認証パッドが設置してあれば、指一本でロック解除ができる。カギを取り出してガチャガチャやる必要も、スマホを取り出してアプリをタップして…などという手間もない。

指でタッチするだけでカギを開けられるのはとても便利

これが最高に便利なんです。


暗証番号やカードキーにも対応しているので、たとえばカギをなくしそうな子供には番号を覚えさせておくとか、民泊の玄関ドアに設置して都度番号を変えたりカードキーを渡すとか、通常のカギでは考えられない幅広い運用が可能。

SwitchBotスマートロックと指紋認証パッドのセット。それぞれ単品もあります

SwitchBotスマートロック&指紋認証パッドのレビューと設定方法。自宅をオートロック化、指タッチでカギ開けの便利さよ


SwitchBotロックでも十分便利に使えるんですが、さらに便利さを追求したい人にはSwitchBotロックProというハイグレード版がおすすめ。

SwitchBotロックでは対応できないものも含めてより多くのタイプのカギに対応したほか、サムターンを回さなくてもボタンを押すだけで解錠/施錠が可能に。

SwitchBotロックPro

一般的な単3電池が使用可能なので、バッテリー関連の使い勝手も大幅に向上しています。

SwitchBotロックProのバッテリーは単3電池が4本

SwitchBotロック”Pro”ならではのメリット
  • ワンタッチで解錠できるのがとてもラク
  • 単3電池が使えるので、特殊な電池をストックしておく必要がない

SwitchBotロックとProの価格差は4,000円

長く使うものだと考えてより便利なProを買うか、通常版でも十分と考えるか。当ブログのレビューなども参考に考えてみてください。

SwitchBotロックProをレビュー。ワンタッチ解錠、単3電池駆動など進化したポイントもくわしく紹介します


SwitchBotボット(ボタン・スイッチを物理的に押してくれる)

アプリで操作すると、ロボットアームが出てきてスイッチを押してくれるのが「SwitchBotボット」。

SwitchBotボットのパッケージ


壁のスイッチ、コーヒーメーカーのボタンや電気ポットのレバーなど、ボタン・スイッチ類ならほぼ何でもアプリ操作可能にしてくれます。

SwitchBotボットがボタンを押している様子

SwitchBotボットの使用シーン
Amazon.co.jp: SwitchBot スイッチボット

SwitchBotハブと連携すれば、ネット経由での遠隔操作や音声操作も可能に。


実際にSwitchBotボットをアプリで動かしている様子を動画でどうぞ。


物理的にスイッチを押してくれるので、ほぼどんな電化製品とも連携して「スマートホーム化」してくれるのがこのSwitchBotボットの強みです。


SwitchBotボットをレビュー!アプリ操作でボタンやスイッチを押してくれるロボット。音声操作やスケジュール設定も


Tapo P105スマートプラグ(どんな家電もスマート化)

コンセントとの間にはさむことで、どんな家電でもアプリでオン/オフやスケジュール設定が可能になる「スマートプラグ Tapo P105」。

セットアップ時にはコンセントに差し込む

前述の「SwitchBotハブミニ」や「Nature Remo」といったスマートリモコンはリモコン操作可能な家電にしか使えませんが、このスマートプラグはコンセントの通電をアプリ操作でオン/オフできるデバイスです。

スマートプラグを選択すると、真ん中に大きな電源ボタン


スケジュールで動かしたり、タイマーをセットしたり。
旅行・出張中などにランダムで家電をオン/オフし、家に誰かいるように偽装する「おでかけ」モードまでついてます。

設定したスケジュールにしたがって好きな時間・曜日にオン/オフすることも可能

Tapo P105スマートプラグを使えば、コンセントに接続されている家電であればなんでもスマート化ができます。しかも1,400円と価格も安い。(※2023年2月の価格)

Amazon EchoやGoogle Homeにも対応しているので、「アレクサ、◯◯をオン/オフにして」といった音声操作も可能


私の自宅では、このTapo P105スマートプラグを浴室乾燥用に設置しているサーキュレーターに接続して利用中。

スマートプラグをサーキュレーターに接続

夜寝ている間に動かしてバスルームを乾燥させ、起きる前にはオフになるよう設定。

特に冬は換気扇を回しっぱなしだと室温と湿度が下がりすぎるので、このサーキュレーターで乾かすことで室温低下と乾燥を防止しています。


スマートリモコンと合わせてTapo P105のようなスマートプラグを使うことで、家にあるほとんどの家電がスマート化できます。

たとえば、電気ケトルやトースターにセットして起きてすぐ朝食が摂れるように予約しておいたり。

出かけていることを悟られないよう、不在でも電気をオン/オフするよう設定したり。

いつも使っている家電でも、使い方の幅が広がってより生活が便利になりますよ。


Tapo P105スマートプラグのポイント
  • どんな家電でもアプリでオン/オフ、タイマー操作できる
  • 扇風機やサーキュレーター、電気ケトルやトースターをスマート化して、生活をより便利に
  • 1,000円台前半で買えるリーズナブルさも魅力


Tapo P105の設置前まではつけ忘れや消し忘れが多かったんですが、自動化したことでその心配もなし。たいへん便利に使えています。

Tapo P105スマートプラグをレビュー。差し込んだ家電をアプリやスケジュールでオン・オフ操作できる


Withings Body+(体重・体組成計)

ダイエットや体重管理をするためには、日々の数値を記録しておくことが非常に重要。

体重や体組成計をアプリやインターネットに接続して”スマート化”することで、そういった記録もたいへんラクになります。


タニタやオムロンなど日本の大手メーカーからもアプリと連携可能な体重計が多く出ていますが、タニタは体重計に乗る前にアプリ起動が必要なので面倒、オムロンは乗るだけで記録されるものの接続が不安定でアプリの出来もイマイチ。
(私が利用した当時の感想)

何か良い体重計はないものか……とさがしていたときに出会ったのが、フランスのメーカーがつくったWithings Body+という体重・体組成計。

「Withings Body+」体重計に乗るだけで記録、スマホアプリで推移を確認できる


Withingsの体重・体組成計を私が気に入ったポイントは、以下の2点。

Withingsの体重計・体組成計のオススメポイント
  • ① アプリやWeb上で、測定結果や数値の推移が見られる
  • ② 体組成計に乗るだけで自動的に記録してくれる。測定時にアプリ起動の必要もなし

①は多くのメーカーの体重計が実現しているんですが、私の知る限り②を実現している体重計がWithingsの製品しかない。

Withings Body Plus

他メーカーは測定やデータの同期時にアプリの起動が必要だったり、アプリ自体が不安定だったりするのがネック。

体重測定時は服の重量を含めたくないので、風呂上がりでマッパなことが多い。測定時にアプリ起動が必要となると事前にスマホを脱衣所に持ち込まなきゃいけなくなるので、面倒なんですよね。


Amazonで人気のAnker製品・Eufy Smart Scale P2 Proも使ってみましたが、体重計使用時にアプリ起動しないとデータが同期されないタイプでした。残念。

Withings Body+とAnker Eufy Body Scale


Withingsのアプリはシンプルで使いやすく、週・月・年などとスケールを変えながら体重や体脂肪率、筋密度といったデータをチェックできます。

Withingsアプリのクオリティも必要十分で、体重や体脂肪率などの推移をしっかり確認できる

データはクラウドに保存されているようで、Web上でも推移が確認可能。

計測データはアプリではなくクラウド上に記録されているようで、Web上でも確認できる


なおWithingsの体重計には3種類あり、私が購入したのは中位モデルのWithings Body+

心拍数の測定はいらないと思いこのBody+を買ったんですが、200g単位でしか測れないのがネックといえばネック。

100g単位での計測がしたい方は、上位モデルのWithings Body Cardioが必要になります。

Body Body+ Body Cardio
体重
(200g単位)

(200g単位)

(100g単位)
BMI
体脂肪率
筋密度
骨密度
体内水分率
心拍数
天気予報


自分で記録したり、測定時にアプリ起動するくらいの手間が許容できるなら他メーカーの体重計でもいいですが、それすら面倒だし忘れがちな人にとってWithingsの体重計はうってつけ。

ただ体重計に乗るだけで測定データが保存され、アプリでいつでもチェックできる。私にとってこれ以上のことはありません。


「Withings Body+」体重計に乗るだけで記録、スマホアプリで推移を確認できる。アプリ・Wi-Fi連携重視ならおすすめ


SwitchBotリモートボタン

私の中には「スマートホーム化=アプリや音声操作で家電などを動かせるようにする」という思い込みがあったんですが、それをいい意味で覆してくれたのがSwitchBotリモートボタン

SwitchBotリモートボタンは文字通りの物理ボタンで、このボタンにSwitchBotロックやカーテン、ハブミニと連携した家電の操作など好きな機能を割り当てられる製品です。

SwitchBotリモートボタンの本体

「シーン」機能を使えば、”カーテン閉めて電気もテレビも全部もエアコンも全部消す”といった複数の操作を一度に実行可能。


壁に設置するためのホルダーに加え、本体にストラップ穴もついているので、据え置きスイッチとしても持ち運び用のボタンとしても使える。

実際にストラップを装着してみた

私の場合、このリモートボタンに「ライトやテレビ等の家電を全部消す」機能を割り当て、外出時に1プッシュで準備が整うようにしています。

SwitchBotリモートボタンをレビュー。ボタンひとつでカギやカーテン開閉、家電を一気にオンにするなど使い方は自由自在


SwitchBotシーリングライト

天井に取り付けるシーリングライトに、ネット接続可能なモジュールを組み込んだSwitchBot LEDシーリングライト

リモコンつきのシーリングライトとして普通に使える十分な性能に加え、アプリやアレクサ等のスマートスピーカーから操作も可能。

有名家電メーカーのシーリングライトと変わらないか少し安いくらいの価格なので、コストパフォーマンスも非常に高い。いい買い物でした。

SwitchBot LEDシーリングライト


スマートリモコンを内蔵したモデル「シーリングライトプロ」なら、SwichBotハブミニ相当のスマートリモコン機能も同時に使えます。

スマートリモコンが天井にあることで、赤外線送信が連携した家電製品に届きやすいのもメリット。

私はすでにSwitchBotハブミニを持っていたのでプロではないモデルにしましたが、これからスマートリモコンを買いたい人にとっては「シーリングライトプロ」で1台2役を担ってもらうのもおすすめです。

SwitchBot LEDシーリングライトをレビュー。普通にコスパの良い天井用ライトなのに、アプリ操作やAlexa音声操作もできる


自宅のスマートホーム化におすすめの製品 まとめ

スマートホーム化』というと難しそうだとかお金がかかりそうに感じるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

この記事で紹介した製品で設定に手こずるようなものはないし、たとえ全部揃えたとしてもせいぜい数万円くらい。

たとえば最安のスマートスピーカー・Echo Dot 第3世代や、スマートリモコン・SwitchBotハブミニあたりで小さめにはじめてみるのもいいでしょう。


うまく使えば日々の生活がグッと便利になる、スマートホーム製品

興味のあるものがあれば、ぜひ試してみてください!

おすすめの最新便利ガジェットまとめ 【2024年】おすすめの最新ガジェット42選!生活をより豊かにしてくれる便利なものばかり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA