【開催中】楽天スーパーSALE攻略情報まとめ

機種変更後余ったiPhoneの有効な活用方法6つ。固定電話、見守りカメラ、目覚まし時計など活用の幅は広い

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

機種変更後余ったiPhoneの有効な活用方法

機種変更などで不要になったiPhone、どうしていますか?

そのまま下取りに出す、Wi-Fiが飛んでいる家の中だけで使う、なんとなく取ってあるけど使ってない……などなど人それぞれだと思いますが、意外と有効に使えている人は少ないものです。


私自身もずいぶん前に不要になったiPhoneが長らく引き出しの奥で眠っていたりと、以前まではただ保管してあるだけになっていました。

これじゃもったいないということで、機種変更後の余ったiPhoneの有効な使い方について5つほど考えてみました。


もしかすると、家で眠っているiPhoneが大活躍してくれるかもしれませんよ!

① Wi-Fiのある場所限定のiPhoneとして使う

機種変更してしまい携帯キャリアとの契約が無くなっても、4G通信ができなくなっただけでWi-Fi通信は可能

Wi-Fi環境さえあれば、電話とキャリアメール、LINE以外はほぼすべてのアプリが使えます。


たとえば自宅でWi-Fi(無線LAN)が使えるなら、自宅のどこでもiPhoneとして問題なく利用可能。

ネットサーフィンやSNS、ゲームなど大体のことはできます。


もしモバイルWi-Fiルーターを持っているなら、2台持ち歩くことさえ苦にならなければほとんどスマートフォンとしても機能する。

荷物はやや増えてしまいますが、余ったiPhoneはiPod touchのような使い方ができます。


② 自宅とのWi-Fi組み合わせで固定電話として使う

2台持ち歩きはだるい、もしくはもう新しいiPhoneがあるから…という方は、古いiPhoneを固定電話として使うのはどうでしょう。


電話番号が取得できるアプリを使えば、Wi-Fi接続のみで通話もできる。

もちろんLINEのように「アプリを入れている同士が通話できる」なんてものではなく、番号を発行して一般電話からの着信もできるのです。

自宅ならば、常に移動して使うモバイル環境と違いWi-Fiも安定していますからね。


たとえば「My 050」のようなアプリに登録すれば、050ではじまる電話番号を取得して通話も可能に。

My 050
ビジネス, ソーシャルネットワーキング
無料

普通のスマホプランに比べると通話料も安いので、その点でもたいへん便利。


せっかくなら、固定電話のようなスタンドでも買ってそれっぽくしてしまうのもいいですね。


③ 見守り・監視カメラとして利用する

iPhoneを家に設置して、見守り・監視カメラとして利用することもできてます。


たとえば「アルフレッドカメラ」というアプリを使えば、インストールして起動させるだけでiPhoneが監視カメラに。


わざわざ専用の見守りカメラや監視カメラを買わなくても、使わなくなったiPhoneを設置するだけでOK。

ただなんとなく置いたままになっているくらいなら、カメラとして活用する方が良いのは間違いありません。


④ デジタルフォトフレームとして使う

iPhoneには、保存してある写真をスライドショーで表示し、デジタルフォトフレームのようにして使えるアプリがあります。

たとえば「スマートフォトフレーム」というアプリ。

スマートフォトフレーム
写真/ビデオ, ユーティリティ
無料

表示させたい写真を入れたアルバムを作り、再生するだけでiPhoneがデジタルフォトフレームになります。


家族や子供、ペット、旅先の思い出の写真などを設定して、目につくところに置いておくとインテリアとしても良さそう。


⑤ 置き時計・目覚まし時計として使う

iOS 17より搭載された、iPhoneの「スタンバイ」機能。

iPhoneを横向きで充電しておくと、あらかじめ設定しておいた時計やカレンダー、天気予報などといったウィジェットを表示できる機能です。


使わなくなったiPhoneも、このスタンバイ機能を使えば置き時計や目覚まし時計として立派に活躍してくれる。

iPhoneのスタンバイモード

好きな時計などを設定して、ワイヤレスなりLightning/USB-Cで充電中の状態にしておくだけです。


ワイヤレス充電スタンドを使うと、より見た目がスタイリッシュかつ使いやすくなりますよ。

iPhoneスタンド「Twelve South Forte」MagSafe充電器をセットし、横向きでも充電可。スタンバイ機能と相性抜群!


⑥ できるだけ高く買い取ってもらう(売却)

特に使い道が見つからなかったら、最後はやっぱり売却することになりますよね。

とはいっても、安易にキャリア(ソフトバンク、au、docomo)の下取りに出すのは待ってください。
もっと高値で買い取ってくれるところはたくさんあります。


例えば、ソフマップネットオフなど。

ただ売るにしても、どこが高く買い取ってくれるかをきっちり調べてからにしたいですね。

⇒ ネットオフで買い取り価格をチェックする


ちなみに、私が買い取りで有名な「イオシス」「じゃんぱら」に同じiPhoneを持ち込んだ限りでは、じゃんぱらの方が丁寧で買い取り価格も高いという結果になりました。

店舗やスタッフ、タイミングによる差もあるかもしれませんが、参考までに。

じゃんぱらとイオシスでiPhone、Androidスマホを査定し結果を比較。どちらが高く売れる?

あとがき

以上、余ったiPhoneの活用方法をまとめてみました。

家で眠っているiPhoneがあれば、今回の記事を参考に新たな命を吹き込んであげてください!

【2024年】iPhoneと一緒に使いたいおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ iPhone 15 Proのアクションボタン iPhone 15シリーズ4機種と他の現行iPhoneを比較。価格やスペック、カメラの違いなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA